掲載日:2021.10.08

財務省

財務省「ウルグアイとの税関相互支援協定が発効」を公表

 令和3年10月8日(金)、財務省ホームページで「ウルグアイとの税関相互支援協定が発効します」が公表されました。
https://www.mof.go.jp/policy/customs_tariff/trade/international/cmaa/ka20211008.html
【日・ウルグアイ税関相互支援協定の主な内容】
○支援・協力の内容
  1. 両税関当局は、要請に基づき又は自己の発意により、関税法令の適正な適用の確保並びに関税法令違反の防止、調査及び処置に寄与する情報の交換を通じて相互に支援を行う。
  2. 両締約国政府は、税関手続の簡素化及び調和のため、税関当局を通じて協同の努力を払う。
○支援・協力の条件
  1. 本協定は、それぞれの国の法令に従い、かつ、それぞれの税関当局の権限及び利用可能な資源の範囲内で実施される。
  2. 各締約国政府は、この協定に従って受領した情報の秘密性を保持する。本協定に従って提供された情報は、当該情報を提供した締約国政府の税関当局の書面による事前の同意がない限り、裁判所又は裁判官の行う刑事手続において使用されない。
  3. 締約国政府は、この協定に基づく支援が自国の主権、安全、公共政策その他の重要な利益を侵害することとなると考える場合には、要請された支援を拒否し、又は保留することができる。
     
次の資料が公表されました。
(資料1)日・ウルグアイ税関相互支援協定(和文)
(資料2)日・ウルグアイ税関相互支援協定(英文)
(参考)税関相互支援の枠組みの現状(2021年10月10日現在) 

以上

  
会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら
中堅・大企業のためのインボイス制度対応セミナー
グループ通算ナビサイト

TKCエクスプレスの最新トピック