会計関連

収益認識に関する会計基準実務ポイント解説

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会
企業グループ会計システム普及部会会員

いよいよ、2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首より、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」及びその設例(以下、収益認識基準)が適用されます。収益認識基準はすべての会社で適用可能ですが、有価証券報告書の提出が必要な上場会社等、会社法監査対象法人(会社法上の大会社等)、及びその連結子会社・関連会社、上場準備会社等については強制適用となります。
当コラムでは、収益認識基準の適用に伴う主要な論点について、連結決算をはじめ会計・税務への影響も含めて解説します。

会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら