掲載日:2021.12.14

国税庁

国税庁「年末調整控除申告書作成用ソフトウェアの更新」を公表<源泉所得税関連>

 令和3年12月13日(月)、国税庁ホームページで「年末調整控除申告書作成用ソフトウェアの更新」が公表されました。
https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/nencho.htm
 次のソフト及び資料が更新されました。
○年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(Ver.2.0.6)Windows版
○年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(Ver.2.0.6)Macintosh版
○操作マニュアル_インストール手順(インストールできない方用)
○バージョンアップ履歴
次の改修内容が案内されています。
  1. 令和2年分アプリで証明書読込より作成した介護医療保険料と個人年金保険料の保険料控除申告書データを令和3年分アプリにインポートした際、加工有無が「証明書:読込・無」に変更されない不具合を修正いたしました。
  2. 保険料控除申告書の作成にて、保険料控除証明書データをインポートした後に「団体契約である」をチェックした場合、証明書を添付する対象となる不具合を修正いたしました。
  3. 扶養控除等(異動)申告書の作成にて、扶養親族の入力において「同居特定障害者」を入力し、「電子データで出力」からPDF出力した際、同居特定障害者が「一般の障害者」として出力される不具合を修正いたしました。 

以上

  
会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら
中堅・大企業のためのインボイス制度対応セミナー
グループ通算ナビサイト

TKCエクスプレスの最新トピック