経営・労務・法務

MX2ですぐわかる!!病医院のコスト管理のポイント 〜応用編〜

医業経営コンサルタント 税理士 谷野 勝之


 病医院のコスト管理で重要になるのが「原価管理」です。原価管理をしっかり行い、無駄なコストを見極め、コスト削減につなげるようにしましょう。
  今号では病医院のコスト管理の応用編として、「医業会計データベース( MX2 )」を活用した原価管理のあり方について解説します。

(1)「原価引下げ活動」と「原価維持活動」がある

 原価管理には大きく「原価引下げ活動」と「原価維持活動」の2つがあります。
 原価引下げ活動とは、実際の現場で使われる諸経費をなるべく抑えようとする活動です。原価削減計画を立案し、病医院の全スタッフで取り組むことが重要です。現場のスタッフに一定の権限と責任を与えることで、大きな成果をあげることにつながります。

 原価維持活動とは、標準原価を指示し、それに対して実績がどうだったかを把握するものです。実績が悪かったときは、その原因を計数的に掴むことができるため、適切な軌道修正が可能となります。

(2)「原価」と「ヒト」を結びつけることが要諦

 原価管理のポイントは「原価」と「ヒト」を結びつけることです。原価の発生のカギを握るのはスタッフだからです。スタッフが効率よく仕事を行い、個々に原価意識が根づいていることで大きな効果が現れます。

  そのためには「原価計算」を行い、どの業務による原価の発生なのかなどを正確に把握し、個々にその自覚と責任を持たせることが重要です。あらゆる費用について、責任者を設置することがポイントです。

(3)適切な予実管理を行う

 いくら原価とヒトを結びつけ、その責任を明確化しても、原価の発生を成り行き任せにしてはいけません。毎月、使うべき費用の額をあらかじめ決め、その範囲内に収めること、つまり「予実管理」が重要になります。そして、そのためには原価管理に先立ち予算の設定をしなければなりません。

 その考え方としては、「誰が」「いつ」「何をするか」といった行動計画である業務計画を立案し、それを実行する上で必要な資源(ヒト、モノ、カネ)はどれぐらいかを見越して予算を設定します。

 予算と実績値の差が予算差異です。どの費用科目が、どれだけ予算をオーバーしたか、その理由は何かなどを分析し、その数値を予算に近づける努力が必要です。このようなサイクルを行うことで次年度の原価管理はより充実することになります。(図1参照)

img_b0420_01.jpg

(4)新年度予算はゼロベースで考える

 新年度の予算を設定する場合は、前年実績だけをベースに考えてはいけません。すべての業務について、棚卸評価を行い、その業務自体を新年度でも実施するかどうかから検証し、その上で、予算設定を行います。つまり、常にゼロからスタートして予算を立てる、いわゆるゼロベースで考えることが重要です。

 たとえば、年度の事業費として集計される年度予算が常に増大する傾向にある一方で、収入は必ずしもそれに応じて増加しない場合でも、合理的に経費を削減することができます。また、限られた売上の範囲内で、最も重要な施策や業務に費用を割り振ることができるため、重要度の低い業務から費用をすべて吸いあげることで、より効率的な経営を実現できます。(図2参照)

  病医院では、医療の質を維持しつつ、いかに効率的にサービス提供できる体制を構築するかが大きな課題となっています。そして、適切なコスト管理は、その有効な手段です。コスト管理を行うことは、目標利益を達成するために収益と費用を管理すること、つまり、病医院全体の経営管理を行うということです。いわば経営活動の “ 羅針盤 ” といえるコスト管理を適切に行うことが、健全な病医院経営につながります。

img_b0420_02.jpg【MX2による予実管理】

(1) 継続MAS予算の登録

 フルメニュー画面の「 51 継続MAS予算の登録」を選択し、各診療科のボタンをクリックすると予算の入力画面になります。ここで勘定科目ごとに月々の予算を入力します。

  TKC 会員事務所の支援により継続MASシステムで作成した予算をMX2に読み込むことができます。

img_b0420_03.jpg(2) 予算実績比較表/損益計算書(費用)

 フルメニュー画面の「 45 予算実績比較表」で設定した予算と実績を比較し、その差異を確認・分析します。予算と実績が大きく異なっていれば、「なぜ差異が生じたのか」をしっかり原因分析を行い、予算と実績を近づけるための対策を講じます。また、予算と実績の差異はグラフで一目で把握することができます。

img_b0420_04.jpg※ 画面のデータの数値はサンプルです。

(「TKC医業経営情報」2009年6月号より)

クリニック経営改善オンデマンドミニセミナー

クリニック新規開業オンデマンドミニセミナー

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,600名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。