経営・労務・法務

管理会計が病医院の健全経営を支える!(1) 管理会計の重要性とその役割

医業経営コンサルタント 税理士 谷野 勝之

 病医院経営を取り巻く環境は、今、激動の時代を迎えています。そうしたなか、健全経営を持続するためには、地域ニーズや環境変化などを適切に把握した戦略的な病医院経営が求められます。そして、その経営者の戦略的な意思決定をサポートするのが「管理会計」です。
  今号から3回にわたって、管理会計の重要性や具体的な手法、経営における効果などを紹介します。今号では、管理会計の役割や重要性について解説します。

1.会計には「財務会計」と「管理会計」がある

 会計は、大きく「財務会計」と「管理会計」の2つに分類されます。
  財務会計とは、病医院の義務として、財務諸表を核とする会計情報を、外部の行政や利害関係者らに対して情報開示をすることを目的とした会計です。一方、管理会計とは、病医院の経営者などの内部に対する情報提供を目的とした会計で、病医院の経営管理に活用できるものです。このように、両者は目的や報告先などが異なるため、制度面における規制の有無や情報の持つ特性なども違います(図(1)参照)。
  財務会計は、規範性が重視され、いわば“剛構造”を本質的な特徴とします。これに対して、管理会計には、その時代や環境変化に素早く対応することが求められるため、“柔構造”を本質的な特徴とします。

img_b0439_01.gif

2.「管理会計」の役割とは?

 病医院経営の目的は、地域ニーズに合致した質の高い医療サービスを提供しつつ、長期的に適正な利益を獲得し、永続的な病医院の存続、成長、発展を実現することにあります。
  この目的を達成するためには、“価値創造”(図(2)参照)ということが求められます。これは、たとえば、低コストでどれだけ質の高いサービスを提供できるか、適切な投資で十分な生産性を得ているか、業務の効率、投資の効率は向上しているか、スタッフや患者満足度を高めているかなどです。

  病医院の経営者は、こうした価値創造を主要目的として、より有効な経営戦略を策定し、資源配分について適切な意思決定を行うことが重要です。そして、管理会計は、そうした適切な戦略策定や資源配分をサポートするものなのです。

3.経営管理のプロセスと「管理会計」

 経営管理のプロセスは、PDCAサイクル(Plan:計画、Do:実施、Check:評価、Action:対策、図(3)参照)で表されます。経営管理とは、ビジョンをもとに経営計画・経営戦略を策定し、それに基づいて経営活動を展開し、その結果を評価し、改善点を見出し新たな計画・戦略策定を行うというプロセスの循環からなるものです。管理会計は、このPDCAサイクルのうち、主にP(計画)とC(評価)の意思決定に役立つ会計といわれています。Pの観点からは、ビジョンに基づく戦略的な経営計画を策定する際に活用されます。Cの観点からは、業績評価と経営計画との対比を行うことで、より厳密な評価を行うことができます。

img_b0439_02.gif

4.主な管理会計手法

 一概に管理会計といっても、その手法はさまざまです(図(4)参照)。主な手法として、損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書などの決算書に現れる経営活動の成果から、現状の問題点や原因、改善策を見出す「経営分析」や、収益と費用の額が等しくなる点を把握し、適切な売上向上や固定費削減につなげる「損益分岐点分析」、あらかじめ原価の標準を設定し、実際の原価をこの設定した標準と比較分析することでコストダウンに役立てる「原価管理」などがあります。近年では、キャッシュフロー志向の経営が求められ、いかにキャッシュの増大を実現するか、棚卸資産等を増加させない経営、営業キャッシュフローの範囲内での投資などが重要となり、こうした「キャッシュフロー経営」も管理会計の1つとして位置付けられています。

5.病医院に求められる管理会計手法とは?

 病医院の利益を上げるには、「患者数を伸ばす」「コストを下げる」の2つのことが考えられます。しかし、競合する病医院の増加や患者の受診抑制など、経営環境が目まぐるしく変化しており、患者数を劇的に伸ばすことは難しい状況にあります。
  それならば、「コストを下げる」ことで適正な利益を確保するという考え方が、重要になります。

  現状の患者数で適正な利益を確保するためには、コストをどれぐらい抑えればいいのかなどを的確に把握する損益分岐点分析や、設定した標準原価と実際の原価を比較し、コストダウンにつなげる原価管理をしっかり行っていくことが求められると考えられます。
(次号は、病医院経営における具体的な損益分岐点分析について解説します。) 


(「TKC医業経営情報」2009年12月号より)

クリニック経営改善オンデマンドミニセミナー

クリニック新規開業オンデマンドミニセミナー

運営組織のご紹介

TKC全国会医業・会計システム研究会 (略称:TKC医会研) は、TKC全国会の中でも特に医業・会計に精通した約1,600名の会員により構成されており、約23,000件の病院・診療所の健全経営をご支援させていただいております。