掲載日:2018.07.19

財務省

国税庁「消費税のあらまし」等を公表

平成30年7月17日(火)、国税庁ホームページで「消費税のあらまし」等が公表されました。

  1. 消費税のあらまし(平成30年6月)
    https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/aramashi/01.htm
    https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/aramashi/pdf/001.pdf
    公表された「消費税のあらまし」は、72ページの冊子で、平成30年4月1日現在適用されている法律に基づいて、消費税及び地方消費税の一般的な事柄及び手続きについて記載しています、とのことです。
    その内容(主な目次)は、次のとおりです。
    第1 消費税はどんな仕組み?
    第2 どんな取引が課税対象?
    第3 非課税取引とは?
    第4 免税される輸出取引は?
    第5 納税義務者は誰か?
    第6 納税義務の成立時期は?
    第7 課税標準とは?
    第8 控除税額等の計算は?
    第9 国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税関係は?
    第10 端数計算はどのように?
    第11 地方消費税の計算は?
    第12 申告・納付の手続きは?
    第13 納税地はどこですか?
    第14 届出等が必要な場合は?
    第15 記帳事項・帳簿の保存は?
    第16 国、地方公共団体等に対する特例は?
    第17 会計処理の方法は?
    第18 軽減税率制度とは?
    第19 総額表示の義務付けは?
  2. 「申告に関するお知らせ」の格納について(7月5日からの大雨により被害を受けられた法人の皆様へ)
    http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_300717.htm
  3. 「国税庁レポート2018(日本語版)」を掲載しました
    https://www.nta.go.jp/about/introduction/torikumi/report/report2018/index.htm
    https://www.nta.go.jp/about/introduction/torikumi/report/2018.pdf
    公表された「国税庁レポート2018(日本語版)」は72ページの冊子で、その内容(主な目次)は、次のとおりです。
    1. 国税庁について
    2. 納税者サービスの充実と行政効率化のための取組
    3. 適正・公平な課税・徴収
    4. 権利救済
    5. 酒税行政の適正な運営
    6. 税理士業務の適正な運営の確保
    7. 政策評価の実施
    8. 資料編

    以上

TKCエクスプレスの最新トピック