• e-TAXシリーズ
  • e-TAX法定調書
  • e-TAX償却資産
  • e-TAX消費税
電子申告システム e-TAX償却資産 電子申告の事前準備から電子申告までを一貫して支援します。

償却資産申告書の電子申告なら

e-TAX償却資産

償却資産申告書の電子申告について、
事前準備から電子申告まで一貫してご支援します。

e-TAX償却資産の資料ダウンロードはこちら e-TAX償却資産の無料体験版ダウンロードはこちら

e-TAX償却資産のご注文はこちらから

ご注文はこちら

ユーザー事例

e-TAX償却資産が選ばれる理由

  • 理由1

    地方税eLTAX仕様に基づき、「全資産申告(電算処理分)」で電子申告データを作成し、電子申告を行います。
  • 理由2

    固定資産管理システムから出力した償却資産申告書データ、種類別明細書データを読み込んで、電子申告データをかんたんに作成できます。
  • 理由3

    これにより、提出書類の印刷・仕分け・発送などにかかる業務コストを削減できます。

提供価格

年間利用料5,000円 + 税 / 申告先市区町村100団体まで

※1社/1団体の利用に限ります。
※100団体超は100団体ごとにプラス5,000円+税

e-TAX償却資産の特長

  • 償却資産の電子申告に必要な手続きをメニュー化

    e-TAX償却資産では、事前準備、電子申告等の届出、電子申告データの作成、電子申告までが、それぞれ一連のプロセスとしてシステム上のメニューになっています。
    順番に処理するだけで、面倒な電子申告準備や実際の電子申告までを迷うことなくスムーズに完了できます。

  • 固定資産管理システムとのデータ連携

    1. 「読込テンプレートの設計機能」により、貴社の固定資産管理システムから切り出す償却資産申告書データ(CSV形式)、種類別明細書データ(CSV形式)に合わせて読み込めます。
    2. データ読み込み時には、必須項目入力値チェックや電子申告データに使用できない文字がないか等をチェックしています。チェックの結果、必須項目未入力や、使用できない文字がある場合には、チェックエラーを出力します。チェックエラーは、以下の3つの方法でご確認いただけます。

      1. エラー確認帳表
        チェックエラーとなったCSVデータの行(レコード)、項目名、項目値、エラー内容およびエラー修正方法を印刷した一覧帳表です。一覧帳表の内容を確認しながら、かんたんにエラー内容を修正することができます。
      2. エラー確認画面(表形式)
        読み込んだCSVデータを表形式で表示します。エラー箇所は赤色で表示します。
      3. エラー確認画面(帳表形式)
        読み込んだCSVデータを帳表形式で表示します。エラー箇所は赤色で表示します。
    3. 申告データの読み込んだ結果に基づき、申告先を地方税ポータルシステム(eLTAX)に一括で事前登録します。
  • 常に最新の電子申告仕様に基づくシステムの利用が可能

    起動時にTKCデータセンターに接続してシステムのバージョンを自動チェックします。また、常に最新の電子申告仕様に対応したシステムをダウンロードして利用できます。

  • 10年分の電子申告履歴が保管可能

    電子申告データ、受信・受付通知は、パソコン等で10年間保管できます。これにより、過去の電子申告履歴をいつでも確認することができます。

e-TAX償却資産の処理の流れ

TKC固定資産管理システムFAMAnagerなら、出力したデータをそのままe-TAX償却資産へ取り込めます。

※顧問税理士等がTKC全国会会員である場合は、事前に顧問税理士等にご相談ください。