寄稿

利益積立金額を留保金額と比べてみる

株式会社TKC 顧問 税理士 朝長英樹

株式会社TKC 顧問
税理士 朝長 英樹

利益積立金額は、法人税の課税の対象ではないため、あまり重視されてこなかったように思われます。しかし、利益積立金額は、さまざまなものに広く影響を与えることになりますので、決して軽視できません。 また、利益積立金額に似たものに留保金額がありますが、この留保金額は、直接、税額に影響を与えることになりますので、利益積立金額と同じく重要なものと言えるでしょう。 本コラムでは、利益積立金額について、留保金額と比べながら、その現状と在り方について考察します。

収益認識基準に関する会計基準実務ポイント解説視聴お申込み
電子申告セミナー2021
会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら