税務関連

スキャナ保存制度の概要

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会 企業グループ税務システム普及部会会員 税理士 藤井規生

TKC全国会 中堅・大企業支援研究会
企業グループ税務システム普及部会会員
税理士 藤井 規生

2015年と2016年の税制改正によりスキャナ保存制度の要件が大幅に緩和され、スキャナ保存の承認申請件数が飛躍的に伸びてきました。また、昨今の働き方改革や新型コロナウイルス感染の影響によりワークスタイルの変革を余儀なくされ、企業は全ての部門において長時間労働の是正と業務生産性向上を図るため、業務プロセスの見直しが喫緊の課題となっています。
本コラムではこうしたニューノーマル時代の到来で一層関心が高まったスキャナ保存制度の概要について解説します。

収益認識基準に関する会計基準実務ポイント解説視聴お申込み
電子申告セミナー2021
会計・税制の改正情報をいち早くお知らせします!メールマガジン配信申込みはこちら
収益認識基準に関する会計基準実務ポイント解説視聴お申込み
電子申告義務化対応ガイドブックダウンロードのご案内
企業向けセミナーのご案内
無料メールマガジンのご案内
税務・会計コラムのご案内
中堅・大企業支援研究会のご案内