全国会会長メッセージ

寄稿

日本の「コンピュータ会計法」はこれでよいのか?(2)

2015.08.03 寄稿

前月号では、「取引記帳の遡及的訂正・加除の履歴確保は簿記の常識であり世界の常識である」と述べました。日本と同様に税理士制度のあるドイツにおける「コンピュータ会・・・

続きを読む

日本の「コンピュータ会計法」はこれでよいのか?(1)

2015.07.01 寄稿

わが国のコンピュータ会計法といえば、平成10年に成立した「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」いわゆる「電子帳簿保存法」・・・

続きを読む

「会計で会社を強くする」実践力を磨こう

2015.06.01 寄稿

複式簿記による最古の取引記録は13世紀前後といわれ、今日のように体系化されたのは、15世紀イタリアの修道士・数学者ルカ・パチョーリ(1445年~1517年)によってですが・・・

続きを読む

「巡回監査士」に期待する

2015.05.01 寄稿

会計事務所経営において、職員を錬成し、その戦力化を図ることが、今日ますます重要な課題となっています。『激流に遡る』(飯塚毅著作集Ⅱ・TKC出版)で飯塚毅初代会長・・・

続きを読む

「7000プロジェクト」を継続する

2015.04.01 寄稿

経営改善計画策定支援事業「7000プロジェクト」は本年3月末日を期限とする活動として取り組んでまいりました。当プロジェクトの趣旨に賛同し、経営支援の担い手として実・・・

続きを読む

「会計で会社を強くする」ために会計事務所の体質改善・体質強化を

2015.03.01 寄稿

昭和48年11月号の『TKC会報』巻頭言の中で飯塚毅初代会長は、ボランタリーチェーンの本部と加盟店の関係を論じた、次のような新聞記事を紹介しています「ボランタリーに・・・

続きを読む

「会計で会社を強くする」支援ツール 継続MASシステムの徹底活用を望む

2015.02.01 寄稿

20世紀末にP・F・ドラッカーが述べた次の言葉は、今日になってますます真実味を帯びています。「変化はコントロールできない。できるのは、変化の先頭に立つことだけであ・・・

続きを読む

TKC会計人は、「会計で会社を強くする」王道を闊歩していこう

2015.01.05 寄稿

平成27年の新春を迎え、TKC会員並びに関連・提携機関、読者の皆さまに謹んで新年のお慶びを申し上げます。今年は、「TKC全国会創設50周年に向けての戦略目標」推進の第1・・・

続きを読む

TKC全国会方式の書面添付とは(2)

2014.12.01 寄稿

TKC全国会方式の書面添付制度(以下「TKC書面添付制度」)とは何かとの会員の質問に対して、前月号で、それは会計事務所の法的防衛を図り、巡回監査の徹底を前提としており・・・

続きを読む

TKC全国会方式の書面添付とは(1)

2014.11.01 寄稿

あるTKC会員から次のようなメールが来ました。「私は約十年前にTKC全国会に入会して書面添付に取り組んできましたが、税理士法第33条の2の規定に基づいて行われる標準的な・・・

続きを読む